2007年08月11日

29週の奥さん

旦那の自分も確認しておかないといけない事だらけ・・・・
そろそろ大詰めだなぁ^^
赤ちゃんゴロゴロ動くし♪


いよいよ妊娠後期が始まります。急におなかが大きくなり胎動もはっきりわかります。
でも、即座に生まれることはないから、落ち着きましょう
いよいよお産となると、緊張したりあわてたりしてしまう人もいるでしょう。
お産のサインがあったからといって、
すぐに赤ちゃんが生まれてくるわけではありません。
落ち着いて対処しましょう。
まず、どんなお産のサインがあったかを、産院に報告しましょう。
出産サインが起こった時間や状態を詳しく話すわけですが、
できれば、メモ帳に箇条書きした上で、産院に電話するといいでしょう。
出産サインの様子が詳しく伝わるほど、
医師のアドバイスも適切なものになります。
外出先で出産サインがあったら、また、1人のときだったら
お産のサインは、自宅に1人でいるときにくるかもしれません。
そうなる可能性が高いことが予測される場合は、
あらかじめ、1人のときにサインがきたら何をどうしよう、といった
シミュレーションをしておきましょう。
また、いざというときにあわてないよう、
入院する際の交通手段とか、家族への連絡方法、
入院して家を空けたら、何をどうして欲しいか、
といったことなどを、前もって家族と話し合っておきましょう。
それから、外出先でお産のサインがでることだって考えられます。
妊娠10ヶ月目に入ったら、
外出するときは、母子手帳と健康保険証、ナプキンを
必ず持参すること。
そして、外出先で出産サインが出たら、
まず、かかりつけの産院に電話して、指示を仰ぎましょう。
急を要する場合などは、
外出先の、最寄りの産院に向かわなければならない事態も考えられます。
入院までのシミュレーション(例)
約10分間隔の陣痛、また、破水がきた → 産院に連絡。どんな状態かを詳しく話す → 家族に連絡をとる。家を空けることになるので、家事の引継ぎなどを伝える → 産院に行く。急なときにもあわてないよう、どんな交通手段を使うか、あらかじめ決めておくように → 入院の手続きをする。分娩費として、一時金が必要な産院もあります。あらかじめ確認しておくこと → 診察を受ける
posted by piropiro at 14:32 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51034171

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。